読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母子共依存娘から自立への道

40代・母子共依存娘の自立するまでの道のりを綴ります。

好き嫌いに自信が持てない

この間、テイスティングごっこをした。 みんな楽しそうに「うま!」「〇〇な感じ」「私はこれが好き」とか、感想を自由に言う。 私は、言葉を飲み込んでしまう。 そのうち「なんだかわからない」状態になっていった。 舌が鈍い。味覚が鈍感。 それもあるかも…

自分への前提が、自分の首を絞める

こんなに緊張してちゃ続かないぞ〜^^; その先もあるんだから〜^^; ピカリ、緊張し過ぎ〜 とってもシッカリした会社だから、 厳しいと言えば厳しい。 だから、安心とも言える。 自分に対する前提が ・ユルくて、グズグズ ・シッカリしてない ・頼りない ・出…

夢だった仕事(好き・得意なこと)に、もう就きたくない理由

「夢だった仕事=好き・得意なこと」 でした。 でも、もう就きたくありません。 もしかしたら、好き・得意なことで 「負けた感」を味わいたくないからかもしれません。 趣味の範囲でやっていれば、 いつも自己満足の中で終われます。 しかし、仕事となると …

無価値感に襲われない楽さ

本採用されるかわからないけど、 新しい仕事が始まる。 無価値感が湧きだすと、 ・夢だった仕事をやろうとする ・また夢を追うとする。 カー!と頭に血が上った状態になるから、一時的に無価値感を感じないで済む。けれど… 結果的に、精神は追い込まれる。 …

無価値感ザワザワ噴出中

正社員登用もあるバイトの面接の結果待ち中です。10日位かかるらしい。 無価値感が出てきてて、ザワザワが凄いです。 面接前は、気楽に構えてて、 「ここでお仕事出来たら良いな♪」と、既に働いているイメージをして、良い傾向だなぁなんて思ってました。 採…

夢だった仕事につく・2

夢だった仕事。 それは、自己価値を感じられるものでした。 小さい頃から、好きで得意な分野。 そう思っていました。 思い返しても、楽しかった記憶はないですね…。 苦しかった、悩んでいた、孤独だった記憶ばかり。 お祝いしてくれたり、喜んでくれた人たち…

夢だった仕事をする

バイトは続かないのですが、 夢だった仕事をすることは出来ました。 下積み長かったですけどね。 楽しかったか、というと苦しかったです。 周囲との差も辛かった原因の1つ。 就職した友人は、お金周りも良く ステップアップしていく充実感、それ伴う愚痴を…

今までの仕事

仕事は、基本続きません。 そんなわけで、収入は安定していません。 貯金は、とっても少ないです。 実家住まいだから生きていられる状態だよなぁ… と、ずっと思ってました。 特殊な仕事を目指していたので、 正社員になることは頭にありませんでした。 そん…

「出来ない」ではなく「してはいけない」だった。

私は、いつも「お金がない」を理由に 一人暮らしを断念していました。 一人暮らしをイメージすると、 お金に困って貧乏になって苦しむ…が湧きます。 生活出来るほど「稼げない」とも思っています。 結局、恐くて行動に移せず仕舞い。 ここ最近、ようやく腑に…