実現リモコン 〜ピカピカハッピーな人生に〜

タイトル変えました。40代・独身女性が実現リモコンでピカピカハッピーLIFEを実現していく実践ブログ

お世話されると、力を失う

両親共働きです。

私の母は、いかにも働き者で、朝から晩までよく動く人でした。

今は、さすがに年をとってきたので、以前ほどではないですが、ホッと出来ない人です。

 

家事もします。

毎日料理、洗濯、掃除。

 

料理は、決して上手ではありませんが、手料理に価値を置いています。

 

家は散らかっています。

父が散らかす人だから、ということもあります。

もしかしたら、掃除。片付けも上手じゃないのかもしれません。

 

私は、というと、料理・洗濯・掃除どれも出来ます。

上手ではないですが。

 

実は、数ヶ月だけ一人暮らしをしたことがあります。

と言っても、隣町。

週一回は、父の娯楽のための車送迎と、食材買出しのための車運転をしに帰っていました。(すごく嫌でしたが反抗・断るが出来なかったのです。そういうものだと思っていたし、なにより恐い)

 

で、何が言いたいか、なのですがー

 

洗濯は、家族一緒で、基本母が干して畳みます。私の衣類も。

本当は嫌です。特に下着類。

でも、面倒臭いし、水道代が勿体無いから…と思ってしまうのです。

あと、「自分でやる」と言うのに躊躇を感じるのです。多分、潜在的に恐いのです。

 

これって、地味に力を奪います。

力って生命力と言っても過言ではない。

小さなことのようでいて、あらゆる「やる気」を失わせる。

 

やろうと思っていたことを、先にやられてしまう時の感覚。

「後で(または、これが終わったら・○時になったらetc)やろうと思ってたのに…!」

じんわりと腹が立ち、ガッカリ感というか、嫌な感覚です。

 

手足が奪われていく感覚なんでしょうね。

自信を奪われます。

 

「お世話」って恐いものだと思いますよ。

母子共依存の娘側で、自覚がある人ならわかっていただけるのでは。

 

やはり物理的に離れることが、大切だと思います。