実現リモコン 〜ピカピカハッピーな人生に〜

タイトル変えました。40代・独身女性が実現リモコンでピカピカハッピーLIFEを実現していく実践ブログ

脂肪に対しての思い

もともとポッチャリで、太りやすく、太りやすい食材が好き。

糖質が高い食材が好きなのです。

 

お菓子・スイーツ類も好き。

「コンビニでお菓子類を買って貪る」をやり始めたのは、意外と遅くて、30歳前後からだったように思います。

 

20歳くらいにダイエットして、標準体型を保っていました。

23歳くらいで初告白・初失恋をして、一時的拒食になり、さらに体重が減り、大人っぽい体型になりました。

 

中年太りは絶対したくない!と30代に入ってから、より慎重に体重を意識していました。自分を強く見張っていました。

 

30代半ばから、代謝も落ちたせいか、思ったように体重が減らなくなってきました。でも、過食はしてしまいます。糖質も、異常に欲しくなる時があります。

 

思ったように痩せられなくなってきたからこそ、気づけたことがあります。

 

「ある一定のところまでいくと(ダイエットが上手く行き始めると)、不安になる」です。

 

ダイエットは失敗し、プヨプヨの体に戻ります。

(悪く言うと、ブヨブヨ)

 

でね、脂肪を触る癖があるのです。

あご・二の腕、お腹…

 

憎しみを込めて。

でも、安心も感じているのです。

これに気づいたのは、ここ1・2年です。

 

最近、思ったのですが…

脂肪で守られてる感覚があるんじゃないかなーって。

鎧というか…

 

太ってるのは嫌なんですけどね、なんとなく安心。

 

それは、嫉妬の対象・異性の対象にならない、とかもあると思う。

 

でもねーでもねー、もしかしたら、脂肪をつけるって…

 

「お母さんに守られてる感」

「子宮回帰感」

 

なんじゃないかなーって。

 

多分、

とってもとっても寂しいんです。

とってもとっても孤独感があるのです。

 

だから、

とってもとっても恐いんです。

 

だから、

とってもとっても安心感が欲しいんです。

 

手取り早いのは、食べること。

そして、脂肪をつけること。

 

…そうなんじゃないかなーって思います。

 

人によっては、お酒・ギャンブル・薬・異性関係etc…など。

私にとって、最も手に入れやすいのが、過食・糖質過剰摂取なんですね。

 

本当は、友達や恋人と、心理的な繋がり感が持つこと。

過食・糖質過剰摂取は激減すると思います。