読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母子共依存娘から自立への道

40代・母子共依存娘の自立するまでの道のりを綴ります。

気持ち悪い母子関係

今思うと、気持ち悪い話なのですが…

私は、20歳過ぎても

母と一緒にお風呂に入っていました。

 

彼氏が出来るのが遅かったのも原因だと思います。

(そんなんだから、彼氏が出来ないとも言える)

 

彼氏が出来て、体の関係を持つようになって

初めて

「一緒に入るの、ちょっと嫌だな…」

と思うようになります。

 

「ちょっと嫌」

ってのが、異常性を感じます。

 

少しづつ違和感を感じ始め、

少しづつおかしいと感じ始め、

ちょっとづつ「嫌だ」を自覚しました。

 

「別々に入る」と主張すると

「何で?!」と若干怒り気味に言われた記憶。

 

なので時間をかけて、別々に入ることを「当たり前」にしていきました。

 

それでも着替えてる時、入ってきます。

これは、かなり強く言っても改善するのに時間がかかりました。

数年かかりました。

 

こういうのって、

娘の女性性を潰す行為だと思います。

 

幼い頃から、やられてきたように思います。

 

私は、毛量が多く、太いため

扱いにくい方だと思います。

 

小さい頃は、モンチッチ風(剛毛の和田アキ子とも言えるかも)。

男の子みたいな、刈り上げショートでした。

 

隣家の男の子のお下がりを着ていたので、洋服も男の子。

よく男の子に間違われました。子供ながらに悲しかった。

 

思春期はですね〜…

成長が早かったので、友達にも相談出来ないんですけど…

 

脇毛が生えますよね?

プールありますよね?

剃らないといけませんよね?

 

T型の安全カミソリを買って、剃り方教えてくればいいじゃないですか?

「危ない!」と言って、母が剃るんです。

 

でも、残り毛があったり、プールの前日・当日に剃ってもらえなくて。

誰が見ても「ある!」ってな状態で、そんな時に限って「背泳ぎ」なんですよ!

 

めっちゃ恥ずかしかったけど、

知らないフリして、平気な顔して、やり過ごしました。

 

当時の私、可哀想だわ…TT

よく我慢した!と抱きしめてやりたいです、マジで。

 

母の無意識な悪意だと思います。