読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母子共依存娘から自立への道

40代・母子共依存娘の自立するまでの道のりを綴ります。

「人の期待に応えなきゃ」の発動

もし、
夢だった仕事(好き・得意なこと)を依頼されたら。

 

正直、テンションが下がる。

正直、受けたくない。

正直、困る。

 

でも、

夢だった仕事(好き・得意なこと)が「発展・繁栄するとイイね♪」と言う人もいる。

 

それを言われると、

テンション下がる、困る。

 

もし、発展・繁栄したら、

困る。

だって、やらなきゃいけなくなるもん。

 

「やらなきゃ」って表現する自体、「義務」みたいなものになってる。

 

吹っ切れない何かがある。

「人の期待に応えなきゃ」が発動してる。

 

実際には、他者は期待なんかしてないんだけね。

ただ、言ってるだけなんだけどね。

勝手に期待を背負ってるんだけどね。

 

その「期待」。

本当は、「親の期待」なんだよね。

 

自分の好きにしてイイ。

自分の選択・決断を信じしてイイ。

自分の選択・決断で失敗してもイイ。

自分の選択・決断で楽しんでもイイ。

自分の選択・決断で喜んでもイイ。

 

はぁ〜…

こんなにイチイチ反応してたら疲れるよ^^;

だから疲れるんだよね。。