実現リモコン 〜ピカピカハッピーな人生に〜

タイトル変えました。40代・独身女性が実現リモコンでピカピカハッピーLIFEを実現していく実践ブログ

やっぱりデブだったりする

飲み会で一緒だった女友達。

やっぱりデブだったりする。

 

今回、私が「恥ずかしい」と感じる状況だったからか、

それとも、そもそもなのか…

女友達に対して、微妙にずっとムカついてた。

 

 

 

真面目・良い人の部類だと思う。

我慢・頑張ってきた人だと思う。

その分、怒り・憎しみも溜まっていて、その愚痴を聞いてきた。

 

私に対する愚痴・怒りじゃないから、

別段気にせず聞いていた。

さすがに疲れる時もあったけど、私にも利得があったわ。この機に向き合おう・認めよう。

 

 

デブなんだよね、彼女。

いわゆる百貫デブ的な。

前にも書いたけど、そういう女友達にイライラしてる自分がいて。

 

近親憎悪もあるだろうし。

その反面、優越感も得れていた。

「こいつほどじゃねーよ」的な(性格悪〜〜)

 

勝手に自分より劣っていると判断した人間と相対することで、自分の劣等感を埋めようとしていたんだよね。

意味ない…不毛…みっともない…情けない…格好悪い…の極地。

 

 

 

でもさ、でもさ。

今回のことがあって、気づいちゃったんだよ。

「私は、彼女にとても似ている」と。

 

体型は、あそこまで太ってないけど、、食のだらしがなさも似てるし。

なにより、中身が似てる!!!

 

愚痴やジャッジが多いなぁ…と彼女に対して思ってたけど、

私もじゃん!って。

良い人ぶってるけど、私も同じ。

隠さず出してる彼女の方が、よっぽど素直だ。

私の方がゲスだわ。

 

有言不実行なところも似てるし。

頭でっかちなところも似てるし。

恐い‥。

 

自分の持ってる劣等感を

同じように持っている人間を身近に置いて

無意識にバカにして・下に見て、

優越感を得て、劣等感を埋めようとしている…。

(しかも、自分ジャッジで自分より劣っていると判断してる)

 

ゲスい…ゲス過ぎる…。

そして、器小さ過ぎる…ダサい、ダサ過ぎる…。

 

そんなんだから、一緒にいて楽しくないんだよね。

 

仲良しで、大好きで、尊敬もしてる女友達とは、

一緒にいる時も、バイバイした後もご機嫌だし、元気になるもん。

 

 

今回さ、そのデブ友のこと

「やっぱり嫌い!」と思ったの。

 

それってさ、そのデブ友が嫌いなんじゃなくて、

「ジャッジして、見下して、優越感を得ようとしてる自分」が「嫌い」なんだよね。

 

とても居心地悪い。

 

そっかー…。

だから、あの飲み会で、居場所がなく感じたのかな。

そもそも「居心地悪い」んだもん。

私からズレた私で、あの場にいるから。